・は行

2015年11月 3日 (火)

早朝 東山七条界隈

ハイアットの朝食は6時30分から食べられます。

この朝食開始6時30分というのはなかなかありません。早く食べて早く行動、非常にうれしい時間設定です。

その前に早朝散歩

ホテルを出て、西に歩くとすぐ三十三間堂

6b

法住寺、養源院、等々が三十三間堂の東側に並びます。

18b
2b
さらに南下すると塩小路通に面した南大門

26b
遠くに京都タワーが見えます。

塩小路通を東へ進むと東大路通に出ます。

1b
車も人もほとんどいません。

右側の垣、土塀は智積院

北へ進んで東山七条交差点

5b
七条通の正面に構える智積院総門

かなり曇った天気でしたが早朝のさわやかさと、車、人のほとんどいない静寂に包まれた七条界隈の散歩

その後の朝食もとても美味しくいただけました。

2015年10月31日 (土)

比叡山 延暦寺

上洛計画策定のためにいろいろネットで見ていたら

国宝 根本中堂 大改修

延暦寺の中心である根本中堂と回廊が

来年度から十年かけて大改修 という記事を見つけました。

どういうレベルの改修か

まったく拝観できなくなるのか

等々は把握できませんが、改修開始前に行くしかありません。

10年後は69歳!(まだ大丈夫かも・・・・・)

この二枚の画像は1970年の12月下旬に家族で初上洛した時のものです。

Pict0016fb

この階段は文殊楼から根本中堂へ下りるときの急な階段です。

私は中学2年、弟は小学校4年でした。

Pict0017fb

父は45歳でした。

この画像はグーグルで探しても特定できませんでしたが

間違いなく比叡山でのスナップのはずです。

学校の冬休み前の日曜日に日帰りで上洛したのですが

今の日曜では考えられないくらいの人の少なさです。

(日中国交復活は、この2年後の1972年。写っている人は間違いなく日本人)

今回の上洛では東堂のみになるかもしれませんが、多くの偉人達を輩出した比叡山、

しっかりと拝観してきたいと思います。

2015年10月28日 (水)

久しぶりの上洛間近

2013年3月下旬に上洛して以来・・・・・

約1年半ぶりの上洛が間もなくです。

13b
宿は今回も

ハイアットリージェンシー京都

29b
前回利用した時は

ちょっと「ンッ?」という対応も散見されました。

所有がモルガンスタンレーからオリックス不動産に変わった時期と重なったから?

ただ部屋の居心地や、規模のちょうど良さが心地よさを感じさせてくれるので今回も。

家内、娘は朝食が飽きたということで

今回は他のお店の朝食も計画に入れています。

このブログも同じ期間、放置・・・・・

前回上洛の記事もまったくアップせず・・・・・

少しずつ・・・・・

少しずつ・・・・・

動かしてまいります。

2011年5月22日 (日)

巽橋から花見小路 2010/11

いきなりボケボケです。巽橋から白川下流を写したのに、柳に焦点が合ってしまいました。

Dsc_0279_edited1

これも巽橋上からの画像です。南へ向かう小路を写しました。とっても京都らしい街並みです。

左側にある明るい入口が見えるお店でお食事。(お食事については明日のデジカメ編で)

Dsc_0280

このお店です。

Dsc_0281

あっという間に花見小路・・・

Dsc_0283

旅を重ねるごとに、こういう脇道へ足を踏み入れてみたいと思っております。

Dsc_0288

FGHIJK

2011年5月21日 (土)

平安神宮から巽橋へ 2010/11

黒谷さんをあとにし、岡崎通りを南下。

Dsc_0257

今回はおなかもすいていましたので、神宮内は拝観せず通過です。(まだ4時半くらいなんですけどネ。)

Dsc_0258

Dsc_0259

神宮道、岡崎公園ごしのお月様。

Dsc_0260

あんなに大きな鳥居の迫力がいまいち伝わらない撮影アングルのつたなさをご容赦ください。

Dsc_0261

疎水から鴨川へつながる水路の上にかかる橋からのお月様。

Dsc_0262

ほぼ同じ位置でアングルを若干上に。東山の峰々の上のお月様。山の下は南禅寺辺りです。

Dsc_0264

木造の素敵な建物は、並河靖之七宝記念館(今日、グーグルマップで知りました。)

Dsc_0268_2

途中の街並みをはしょって、いきなり辰己大明神。

Dsc_0275

Dsc_0274_edited1

Dsc_0277_edited1

Dsc_0269_edited1

Dsc_0276_edited1 GHIJKLMN

2011年4月23日 (土)

安楽寺・法然院 2010/11

Dsc_0191

Dsc_0192_edited2

Dsc_0193_edited1

Dsc_0194_edited1

Dsc_0195_edited2

Dsc_0197_edited1

Dsc_0198_edited1

Dsc_0199_edited1

Dsc_0200_edited1

Dsc_0201_edited1

KLMN

2011年4月17日 (日)

初めてのハイアットリージェンシー京都

かなり更新が遅れており、昨年の5月、11月の旅ともに画像がたまっておりますので、少しペースアップしてまいります。

で、画像をチェックしていたら一昨年春の画像が出てまいりました。(今回から拡大画像を若干大きくします。)

エントランスの天井を飾る京都らしさ

Cimg0273

ダブルサイズのベッドが2台。ヘッド部分には着物の生地をつかったタペストリー風装飾。

サイドには柔らかな和風照明。

Cimg0275

デラックスコーナーのリビングスペースから見たベッドスペース方向。

右側の壁がクローゼット、左側には水周り、エントランスと並びます。

Cimg0276_2

テレビ脇にも柔らかな照明器具が置かれています。

Cimg0277

この部屋にはトイレが2箇所。こちらはベッドルーム側のトイレ。洗面設備もついています。

Cimg0278_2 

エントランスを部屋側から。壁にはお決まりの古木装飾。

Cimg0280

振り返るとこんな装飾つぼが置かれています。

Cimg0282

洗面スペースと、スリガラスの向こうはバスルーム。

Cimg0283

大きなシャワーと木製の椅子

Cimg0284

そして深めのバスタブ

Cimg0285

リビングスペース。夜はこのローテーブル部分に私の眠るベッドが置かれます。

Cimg0286_2

急に京都行きを思いつき、ネットで探して見つけたハイアットリージェンシー京都。

二泊でかなりの金額になりましたが、それ相応の設備、ホスピタリティ、飲食等々で即ゴールドパスポート申し込み、その後2回ともこのホテルに宿泊。

今年の11月もすでに予約済みです。

2010年11月29日 (月)

伏見稲荷大社のおもかる石

伏見稲荷大社の千本鳥居の奥、奉拝所の右奥に「おもかる石」というものがあります。

Dsc_0039

「灯籠の前で願い事を祈念して石灯籠の空輪(頭)を持ち上げそのときに感じる重さが自分が予想していたよりも軽ければ願い事が叶い、重ければ叶わないとする試し石で、一般にはおもかる石の名で親しまれている。」   左にある立て札に書かれている説明

私は試してみませんでした。

ここから下へ戻り、東福寺へ向かいます。

Dsc_0044

最後に、修復工事中の楼門を背に、外拝殿をとおして本殿を写しました。

Dsc_0045

裏参道を下っているときに見つけた秋らしい伏見稲荷らしいウィンドウディスプレイです。

Dsc_0046

こっちの狐様はちょっと怖いです。

2010年11月27日 (土)

伏見稲荷大社(2010-11-17)

ホテルの昼食をすませ、早速行動開始です。

タクシーで一路、伏見稲荷へ向かいます。全国に3万あるといわれる稲荷神社の総本宮です。

踏み切りを二つ越えると、そこは裏参道商店街。

Dsc_0026_2

伏見街道(別名 本町通または直違橋通)と裏参道の交差点で下車。

そこはもうお稲荷様の世界です。

Dsc_0027

外拝殿の奥に見える階段を登ったところが本殿。手前の狐様がなにやらくわえています。(外拝殿手前の楼門は修復工事中らしく、すべてシート等で覆われていました。)

Dsc_0029_edited1

くわえているのは稲穂でしょうか。これは「秦伊呂巨」「お餅」「白い鳥」「稲」の物語によるものだと思います。伏見稲荷の創建は和銅4年(711年)のことだといわれております。

Dsc_0030

本殿脇の神楽殿。右の木が、ちょっぴり紅葉です。

Dsc_0031_edited1

本殿では宮司様がなにやら。(写してよかったんでしょうか。)

Dsc_0032

右が玉山社、左が供物所らしい。この階段をのぼり、右に曲がると

Dsc_0033

左に奥宮を見ながら、いよいよあの有名な千本鳥居の入口です。もみじはまだ色づき始めたばかりで緑が多いです。

Dsc_0034

ドド~ンと大きな鳥居が並んでいます。すべて奉納された鳥居です。

Dsc_0035

色の具合で新しいもの、古いものがわかります。石の鳥居もあります。

Dsc_0036

ここで小さな鳥居の道が二手に分かれますが、行き着くところは同じです。

Dsc_0038

延々と続く朱色の鳥居のトンネルがとても神聖な気持ちにさせてくれます。

Dsc_0042

千本鳥居をぬけてついたところは奥者奉拝所です。まだまだ山の上まで道は続くのですが、今回は後があるため、ここまでにすることにしました。すべて走破(走れませんが)するには2時間程度かかるそうです。

Dsc_0041_2

今回登ったところは、上図右下(現在地)と書かれているところ、まだほんの序の口です。次回は時間をとり、ゆっくり歩きたいところです。山からの展望も素晴らしいとの評判ですので。

フォト

2010/11に行ったところ

  • 方広寺(2回目) 東本願寺
  • 豊国神社(2回目) 耳塚
  • 三十三間堂(5回目)
  • トラットリアセッテ  智積院
  • 詩仙堂(2回目) 穂野出(2回目)
  • 曼殊院門跡 曼殊院天満宮
  • 修学院離宮入口  禅華院
  • 瑠璃光院  赤山禅院
  • 祗園たんと  花見小路(2回目)
  • 巽橋(2回目)   辰巳大明神
  • 金戒光明寺 平安神宮(2回目)
  • 法然院   真如堂
  • 霊鑑寺   安楽寺
  • 哲学の道  大豊神社
  • 永観堂  熊野若王子神社
  • 南禅寺三門(2回目) 南禅院
  • 青蓮院門跡(2回目)   圓徳院
  • 三嶋亭(3回目) 高台寺(2回目)
  • 大仙院   錦市場(2回目)
  • 高桐院   総見院  水路閣
  • 大慈院「泉仙」  瑞峰院
  • 京都御苑(2回目)   京都御所
  • 雲龍院  清水寺(4回目)
  • 今熊野観音寺  楊貴妃観音堂
  • 法音院      戒光寺
  • 東福寺(3回目)  泉涌寺
  • 伏見稲荷大社(2回目)

2010/5に行ったところ

  • 花見小路  巽橋
  • ねねの道(2回目) 石塀小路
  • 八坂神社(3回目)
  • 二条城(4回目) 東寺(2回目)
  • 本能寺(2回目) 新三浦(水だき)
  • 茶碗坂   八坂の塔
  • 産寧坂(2回目) 二年坂(2回目)
  • 天授庵  順正(湯豆腐)
  • 金地院   東照宮
  • 天龍寺(2回目)
  • 嵯峨野竹林(2回目)
  • 滝口寺(2回目) 二尊院(2回目)
  • 常寂光寺(2回目)  
  • 鳥居本    祇王寺(2回目)
  • あだし野念仏寺(2回目)  
  • 青蓮院門跡    高台寺
  • 南禅寺     月村(釜飯)  
  • 東福寺(2回目)  醍醐寺

2009/3に行ったところ

  • 寺町通
  • 先斗町
  • ねねの道
  • 三十三間堂(4回目)
  • 西源院
  • 円山公園
  • 八坂神社(2回目)
  • 三嶋亭(2回目)
  • 錦市場
  • 東福寺
  • 産寧坂
  • 二年坂
  • 清水寺(3回目)
  • 知恩院
  • 東山花灯路
  • 嵐山駅周辺(2回目)
  • 金閣寺(4回目)
  • 龍安寺(4回目)

20世紀に行ったところ

  • 三嶋亭     穂野出(雲母漬)
  • 大谷祖廟    広隆寺
  • 滝口寺     法輪寺(嵐山)
  • 渡月橋     京都御苑
  • 方広寺     地主神社
  • 勝林院     宝泉院
  • 二尊院     野宮神社
  • あだしの念仏寺
  • 祇王寺     常寂光寺
  • 天龍寺     八坂神社
  • 三十三間堂(3回)
  • 豊国神社    平等院
  • 清水寺(2回)  龍安寺(3回)
  • 詩仙堂     平安神宮
  • 寂光院(火災前)(3回)
  • 三千院(3回) 金閣寺(3回)
  • 西本願寺    本能寺
  • 二条城(3回) 東寺
  • 延暦寺東塔(京都じゃないけど)