・洛南

2015年10月29日 (木)

醍醐寺

醍醐寺は早春と5月の青モミジの頃に2度訪ねております。

画像は一昨年3月中旬の仁王門、芽吹いてはいるのでしょうが、開花はまだまだの醍醐の桜。

今回はライトアップされた夜間拝観を狙っております。紅葉の醍醐寺の夜

どんな景色を見せてくれるでしょうか。

仁王門(西大門):仁王像はもともと南大門に祀られていたものを移設。現在、南大門はありません。

13b

金堂では奉納コンサートが催されるようです。

金堂は醍醐寺の中心となるお堂で、本尊は釈迦如来坐像。釈迦如来坐像の両脇に日光菩薩、月光菩薩、さらに四天王立像が祀られています。現在の建物は秀吉の命で和歌山から移築されたものだそうです。

18f

五重塔も夜空にキレイに輝くことでしょう。

この五重塔は京都で最も古い木造建築物だそうです。

22f

弁天堂が池に映る画像も楽しみです。

赤い橋を渡り、右奥へ進むと林があります。

そこもきっとキレイな紅葉を見せてくれるでしょう。

32b

昨年までは予約制だった夜間拝観、今年は当日受付で拝観できます。

豊臣秀吉が「醍醐の花見」のときに自ら設計したことで有名な三宝院庭園は夜間拝観なし。今回は夜の醍醐と昼の醍醐を堪能しようと思います。

2010年12月12日 (日)

雲龍院 vol.2

この建物は霊明殿です。雲龍院で最も大切な建物といわれています。 

Dsc_0178

江戸時代末期、孝明天皇までの歴代天皇、皇族の位牌堂の役割を果たしています。現在の建物は明治元年、孝明天皇をはじめとする皇族の方々のご援助で建立されました。中央の灯籠は徳川慶喜寄進のものです。

Dsc_0180

本堂、龍華殿から築地塀越しに見える、門からの道

Dsc_0183

龍華殿縁のライトアップ

Dsc_0187

何の木でしょう。きれいな実をつけています。

Dsc_0188

境内中庭、まっすぐに伸びた枯れた大木が目に焼きつきます。

Dsc_0192

左にその大木

Dsc_0193

ライトに照らされて、枯れているのに荘厳さがひしひしと感じられます。

Dsc_0194

この曲がりくねった松もなんとも言えません。

Dsc_0198

夜に咲く白い花

Dsc_0204

春と秋にライトアップ、夜間拝観を行っているそうです。泉涌寺本坊からさらに奥なので、人も少なく落ち着いた雰囲気です。

2010年12月11日 (土)

泉涌寺 別院 雲龍院

泉涌寺をあとにして、もう少し奥に進んだところに「雲龍院」があります。

Dsc_0174

私たちが訪ねたときは、ほとんど拝観者がいませんでした。東山や嵐山のライトアップに比べて落ち着いた雰囲気でした。

Dsc_0175

門までのライトも落ち着いた光を放っています。

Cimg1226

勅使門のライトも同様暖かい光です。

Dsc_0195

この画像が雲龍院では一番気に入りました。

Dsc_0177

障子越しの中庭

Dsc_0196

縁に出るとこんな感じです。

Dsc_0197

朱と黄と緑のコントラストが素敵です。

Dsc_0199

上は悟りの窓

Dsc_0200

これは迷いの窓。

そのほか見所は、台所にある走り大黒天があります。よく知られている俵に乗った大黒様ではなく、ちょっと怖い形相の大黒様です。

2010年12月10日 (金)

御寺 泉涌寺 御座所庭園 夜間特別拝観

11月9日のアップがちょっと長くなりましたので、御座所庭園を単独でアップします。

Dsc_0158_edited1

左下に小さく灯籠がありますが、泉涌寺特有のもののようです。泉涌寺雪見型石燈籠という名がついているそうです。

Dsc_0159Dsc_0161Dsc_0164

Dsc_0167

以下は、連れがデジカメで撮影したものです。かなり荒い画像なのですが、色がきれいに出ているのでもったいなくてアップしました。ご容赦下さいませ。

Cimg1218

Cimg1219

Cimg1220

Cimg1221

Cimg1222

Cimg1223_2 JK

2010年12月 9日 (木)

泉涌寺開山師帰朝800年記念 夜間特別拝観

パンフレットによると、今年は泉涌寺を開山された月輪大師が中国(当時:宋)から帰国して800年の記念すべき年だそうです。

気合を入れて拝観する前にネットで予約した「ライトアップ夜間特別拝観と山内寺院での夕食プラン」で腹ごしらえです。紅葉時期の京都ということでたくさんの人たちで楽しい夕食かなと思っていたのですが、私たち家族だけでした。それはそれで静かな中で落ち着いて食べられたのでいい思い出になりました。

その前に、まだ予約時刻に余裕がありすぎて、悲田院へより京都の眺めを写しました。大きな京都駅ビル、京都タワー、右側の大きな白い屋根は東本願寺の修復でしょう。しかし寒かった。

画像はありませんが、この絶景を写した私の背中にある悲田院は元は病人、孤児を救済する施設で、毘沙門天を祀る泉涌寺塔頭です。(本堂は非公開)

Dsc_0133

夕食は、泉涌寺道沿いの法音院でいただきました。

豊前守、本田正貫が再興、本田家の菩提寺。本尊は不空羂索観音像。祭神は寿老人。(本堂非公開)

Cimg1204

画像はこれだけです。とてもおいしくいただきました。仲よしさんという仕出し屋さんの料理です。

Dsc_0146_edited1

夕食を済ませ、外に出てみるとちょうど良いあんばいに暗くなっていました。この画像は法音院さんのハス向かえの戒光寺さんです。本尊は総高10mもある釈迦如来立像です。「丈六さん」と呼ばれ親しまれているそうです。祭神は弁財天。

Dsc_0145

いよいよ泉涌寺夜間拝観です。泉涌寺道の坂は行灯の暖かいあかりで彩られています。

Dsc_0149

灯りの道を登ってゆくと、広場に出ます。その一角にあるのが、この泉涌寺大門です。泉涌寺は第二次世界大戦終了まで700年以上、皇室の菩提寺として一般には門を閉ざしていたそうです。

Dsc_0150

大門をくぐって、すぐを左に入ると「楊貴妃観音堂」があります。中央の樹木は楊貴妃桜という立て札がありました。

Cimg1215_2 

今回の旅、初のライトアップ紅葉、楊貴妃観音堂前です。

Dsc_0153

正面、暗くてわかりにくいですが大門正面に配されている「仏殿」です。他の寺院は階段を登った位置にあるものが多いのですが、泉涌寺は大門から緩やかな坂を下った位置にあります。東山のライトアップなどと比べるとちょっと遠慮気味かなという気がします。

Dsc_0168

泉涌寺本坊の門。

Dsc_0154

本坊の門をくぐると、きれいな花が生けられていました。左が玄関、右に見えるのは霊明殿の屋根と思われます。

Dsc_0155

勅使門を本坊側から。左右の菊がちょっと珍しい花びらの開き方。京都では珍しくないのでしょうか。

Dsc_0156

角を左へ曲がると御座所前の庭園です。

Dsc_0163

御座所から霊明殿を望みます。霊明殿には歴代天皇の御尊牌が奉祀されているそうです。このように皇室とのつながりが深いところから日本で唯一「御寺(みてら)」と呼ばれているそうです。

2010年12月 7日 (火)

御寺 泉涌寺  今熊野観音寺へ

今日(2010年11月17日:京都到着日)、伏見稲荷大社、東福寺と歩き、とうとう泉涌寺まで歩いてきてしまいました。

Dsc_0122

ライトアップされるのですが、まだこんなに明るいです。食事予約の時刻にもまだまだですし。東福寺塔頭、即宗院特別公開を拝観する余裕は十分ありましたよね。

Dsc_0123

総門をぬけ、ややきつい坂を登り、きつい坂を下り、今熊野観音寺に来ました。

Dsc_0124

今熊野川を渡る橋、今熊野鳥居橋

Dsc_0125

門を入って、さらに階段を登ります。

Dsc_0127

子護弘法大師様の像。紅葉が見えます。

Dsc_0132_edited1

今熊野観音寺・本堂。弘法大師大使はこの場所で熊野権現と会ったということです。

Dsc_0130

本堂前の紅葉です。

Dsc_0128

山の中腹には医聖堂があります。医と宗教が力を合わせて世の中を良くしてゆこうという願いをこめて立てられたお堂だそうです。

Cimg1200_2

本堂前の五智水。五智の井。弘法大師がこの山を開くとき錫杖で岩山をうがつと涌いてきた水。その水が井戸水として湧き出しているところです。

Dsc_0129

本堂の右側にある大師堂。白い立て札の左に見えるのは、ぼけ封じ観音。

秋の京都の旅、初日は少々計画のつめが甘く、時間の見積もりがうまくありませんでした。この後、夕食まで2時間ほどあいてしまいました。まだ「泉涌寺夜間特別拝観」も始まるはずもなく、30分以上寒いベンチでうたた寝をする始末です。

2010年12月 6日 (月)

龍吟庵

秋の特別公開、東福寺塔頭 龍吟庵に向かいます。

Dsc_0097

現地で写している時は全く気づかなかったのですが、龍吟庵とともに即宗院の庭園も特別公開されていたのですね。ある程度は時間的余裕が出来てきていたので、拝観せずに通過してしまったことが悔やまれます。これも次回公開時までのおあずけです。

上の画像の中央、林の中に見える屋根は総務本院、左の塀は庫裡の塀、←方向へ曲がると

Dsc_0098

遠くに入口らしきものが

Dsc_0099

東福寺三名橋のひとつ「偃月橋(えんげつきょう)」です。この橋は豊臣秀吉の妻、ねねが龍吟庵を訪ねるために架けられた橋だそうです。それまでは一度三の橋渓谷を下って登らねば行けなかったようです。

Dsc_0118

龍吟庵入口を背に写した「偃月橋(えんげつきょう)」

Cimg1175_edited1

左上にわずかに写っているのは方丈の屋根、その東端にある玄関(唐破風屋根)

Dsc_0101

玄関前の庭をチマチマと切り取ってみました。

Dsc_0102

とっても小さな石庭です。林の中の巨岩、そして山の向こうの空。。。。に見えませんか?

空に見えるのは、方丈南庭の築地塀です。

Dsc_0104

方丈南庭「無の庭」です。ここが方丈の正面、ただただ白砂のみの庭です。中央は重要文化財の表門。

Dsc_0105_2

竹垣は稲妻模様、次の西庭、龍の庭のプロローグです。

Dsc_0107_edited1

西庭「龍の庭」です。中央が龍の頭、すべての石が龍の体の一部です。どの庭も重森三玲作なのですが、この西庭が3つの庭の中で最も有名ですね。ちょうど逆光のタイミングで、私のテクニックでは全体像は撮れませんでした。

Dsc_0111

東庭「不離の庭」

右に写る建物は庫裡、左に少しだけ見えるのは方丈の廊下、私が立っている位置はそのふたつをつなぐ渡り廊下です。中央に横たわる石は、大明国師、その前後は国師を守る二頭の犬、その周りは襲撃しようとする狼。奥の竹垣は東山でしたっけ、比叡山でしたっけ。

2010年12月 5日 (日)

今日も秋の東福寺

前回に続き、東福寺です。

通天橋をわたり右へ曲がると開山堂。一本だけ真っ赤に染まった楓です。ここも人・人・人・・・の列が続いています。

Dsc_0070

開山堂の門を入ると、こんなものが目に入りました。

Dsc_0073

とっても小さな笑顔の羅漢様?が苔むしたなかにちょこんとお顔を出していました。表情をうまく撮れず、お伝えできないのが残念です。(次回のおたのしみということで。)

Dsc_0075

開山堂と普門院から見える庭園は、枯山水式庭園と池泉式庭園が並んでいますが、こちらは池泉式庭園の中にある橋です。残念ながら、今回は人のお顔が必ず写ってしまいますので、開山堂・普門院とも建物はアップできません。

Dsc_0081

唯一、普門院から門へ戻る回廊を人の姿を入れず写すことができました。窓の格子からの日の光が敷石に。京都の方は、この画像を見て「今何時?」って聞かれてもすぐわかるでしょうね。

Dsc_0082

通天橋から臥雲橋の間の広い境内から通天橋を望みます。 この紅葉の下が深い渓谷、洗玉澗です。

Dsc_0083

左が通天橋、右側の林の上からちょっとだけ大きな屋根を見せているのは本堂(仏殿)です。やはり盛り前ですね。みどりが混ざっています。

紅く染まった楓の画像を二枚ほど。

赤を背景にまず一枚。

Dsc_0085

緑を背景に二枚目を。

Dsc_0086_3

落ち葉のきれいな画像を撮りたかったのですが、こんな感じ、アップに耐えられません。

拡大して確認したら、すべてチリチリです。数日前に落ちた葉なのでしょう。

Dsc_0088_edited1

東福寺といえば、通天紅葉に触れないわけにはいけません。

これは開山聖一国師円爾弁円が宋から持ち込んだものだそうです。葉が五つではなく三つに分かれています。また朱ではなく黄色に染まるのが特徴です。境内には2000本近くあるそうです。

Dsc_0090

ここらあたりが通天紅葉がたくさんある場所のようです。

Dsc_0095

こんな感じで落ちてます。

Dsc_0093_2

最後に紅葉越しの経蔵です。

Dsc_0094_edited1

今回は、特別公開の龍吟庵の拝観や、食事の予約時間等があり方丈庭園は見ることが出来ませんでした。きっと石庭越し、築地塀越しの紅葉もすてきな絵になると思います。来年も是非ゆっくり訪ねたいところです。

★通天橋・開山堂 拝観料 400円    方丈庭園(八相の庭) 拝観料 400円

(行かれる際には事前にご自身でご確認ください。)

2010年12月 1日 (水)

今日は秋の東福寺

鬼平犯科帳の大のファンである連れに触発されて、京都を訪ねるたびに初日に訪問しています。この日(2010年11月17日)は伏見稲荷から徒歩で移動しました。本町通(伏見街道)を北上し、京阪鳥羽街道駅を過ぎ、しばらく先を右に曲がると緩やかな坂、目に入るのは東福寺南門です。

Dsc_0047

南門をぬけると、さらに坂は続きます。

Dsc_0048_2

左は「荘厳院」「桂昌院」「東光寺」の林、右側には「願成寺」があります。道の奥、小さく黒く見えるのが東福寺の勅使門です。

Dsc_0049

正面が勅使門、左の木立の中に六波羅門がかすかに見えます。紅葉はまだかすかなものですね。でもシーズンなのでしょう。誘導警備の方が何人も立っています。

Dsc_0050_2

六波羅門から中へ入ると、目の前に三門が見えます。今回は三門ではなくその前にある紅葉が主役です。左の大きな屋根は本殿(仏殿)です。紅葉、ちょっと早かったようですね。まだ緑と赤の斑模様です。

Dsc_0054

通天橋・開山堂拝観受付を入ると左側がやや葉に色づきが見られます。

Dsc_0059

まだまだ紅葉は先のようですね。(通天橋への道と方丈の築地塀の間)

Dsc_0061

反対側を振り返ると素晴らしい紅葉です。(シーズンだけに必ず人が写ってしまいます。)

Dsc_0066

通天橋から渓谷(洗玉澗)・さらにその先の臥雲橋の展望です。最盛期はもっと紅く染まるのですよね。

Dsc_0069

通天橋はご覧の通り。人・人・人・・・・・!

Dsc_0071 

開山堂前の門まで上り、振り返るとこの美しさ。朱に、黄に、色とりどりです。

仕事の合間に少しずつアップしてます。なかなか進みません。

2010年11月29日 (月)

伏見稲荷大社のおもかる石

伏見稲荷大社の千本鳥居の奥、奉拝所の右奥に「おもかる石」というものがあります。

Dsc_0039

「灯籠の前で願い事を祈念して石灯籠の空輪(頭)を持ち上げそのときに感じる重さが自分が予想していたよりも軽ければ願い事が叶い、重ければ叶わないとする試し石で、一般にはおもかる石の名で親しまれている。」   左にある立て札に書かれている説明

私は試してみませんでした。

ここから下へ戻り、東福寺へ向かいます。

Dsc_0044

最後に、修復工事中の楼門を背に、外拝殿をとおして本殿を写しました。

Dsc_0045

裏参道を下っているときに見つけた秋らしい伏見稲荷らしいウィンドウディスプレイです。

Dsc_0046

こっちの狐様はちょっと怖いです。

フォト

2010/11に行ったところ

  • 方広寺(2回目) 東本願寺
  • 豊国神社(2回目) 耳塚
  • 三十三間堂(5回目)
  • トラットリアセッテ  智積院
  • 詩仙堂(2回目) 穂野出(2回目)
  • 曼殊院門跡 曼殊院天満宮
  • 修学院離宮入口  禅華院
  • 瑠璃光院  赤山禅院
  • 祗園たんと  花見小路(2回目)
  • 巽橋(2回目)   辰巳大明神
  • 金戒光明寺 平安神宮(2回目)
  • 法然院   真如堂
  • 霊鑑寺   安楽寺
  • 哲学の道  大豊神社
  • 永観堂  熊野若王子神社
  • 南禅寺三門(2回目) 南禅院
  • 青蓮院門跡(2回目)   圓徳院
  • 三嶋亭(3回目) 高台寺(2回目)
  • 大仙院   錦市場(2回目)
  • 高桐院   総見院  水路閣
  • 大慈院「泉仙」  瑞峰院
  • 京都御苑(2回目)   京都御所
  • 雲龍院  清水寺(4回目)
  • 今熊野観音寺  楊貴妃観音堂
  • 法音院      戒光寺
  • 東福寺(3回目)  泉涌寺
  • 伏見稲荷大社(2回目)

2010/5に行ったところ

  • 花見小路  巽橋
  • ねねの道(2回目) 石塀小路
  • 八坂神社(3回目)
  • 二条城(4回目) 東寺(2回目)
  • 本能寺(2回目) 新三浦(水だき)
  • 茶碗坂   八坂の塔
  • 産寧坂(2回目) 二年坂(2回目)
  • 天授庵  順正(湯豆腐)
  • 金地院   東照宮
  • 天龍寺(2回目)
  • 嵯峨野竹林(2回目)
  • 滝口寺(2回目) 二尊院(2回目)
  • 常寂光寺(2回目)  
  • 鳥居本    祇王寺(2回目)
  • あだし野念仏寺(2回目)  
  • 青蓮院門跡    高台寺
  • 南禅寺     月村(釜飯)  
  • 東福寺(2回目)  醍醐寺

2009/3に行ったところ

  • 寺町通
  • 先斗町
  • ねねの道
  • 三十三間堂(4回目)
  • 西源院
  • 円山公園
  • 八坂神社(2回目)
  • 三嶋亭(2回目)
  • 錦市場
  • 東福寺
  • 産寧坂
  • 二年坂
  • 清水寺(3回目)
  • 知恩院
  • 東山花灯路
  • 嵐山駅周辺(2回目)
  • 金閣寺(4回目)
  • 龍安寺(4回目)

20世紀に行ったところ

  • 三嶋亭     穂野出(雲母漬)
  • 大谷祖廟    広隆寺
  • 滝口寺     法輪寺(嵐山)
  • 渡月橋     京都御苑
  • 方広寺     地主神社
  • 勝林院     宝泉院
  • 二尊院     野宮神社
  • あだしの念仏寺
  • 祇王寺     常寂光寺
  • 天龍寺     八坂神社
  • 三十三間堂(3回)
  • 豊国神社    平等院
  • 清水寺(2回)  龍安寺(3回)
  • 詩仙堂     平安神宮
  • 寂光院(火災前)(3回)
  • 三千院(3回) 金閣寺(3回)
  • 西本願寺    本能寺
  • 二条城(3回) 東寺
  • 延暦寺東塔(京都じゃないけど)