・食 京都

2015年11月 1日 (日)

京都祇園 天ぷら 八坂圓堂

建仁寺から八坂の塔(法観寺)へ向かって歩くと左側に圓堂さんがあります。

チョット先の右側の別棟もあります。

ここの天ぷらも娘のリクエスト!

116b_2
上の画像は、昔テレビドラマで放映されていた「味いちもんめ(中居君出演)」の料亭「登美幸」の玄関として使われていたので覚えておられる方もいらっしゃるでしょう。伊橋悟と熊野信吉・・・・・またあのドラマやらないですかね~。

113b
引き戸の右にあるのれんをくぐって真っすぐ進むと別棟「はなれ」に向かいます。

104b
はなれは天ぷらを食べるのにはチョット目の玉が飛び出るかもしれないお値段の特別天ぷら会席「東山」がいただけます。

一昨年の春、思い切って予約して食べたのですが・・・・・

写真もたくさん撮ったのですが・・・・・

カメラの設定が悪く、美味しそうに取れなかったので・・・・・

1b
今回リベンジです。

京都祇園 天ぷら 八坂圓堂

2015年10月30日 (金)

京都 たかばし 本家 第一旭

秋田から京都へ行ってわざわざラーメン?

娘のたっての願いを断るわけにはまいりません。

Original_img0051

いや・・・

実は、娘が別行動で一人で食べに行くというのに便乗しただけです。

上洛初日の昼食は京都駅から歩いて数分の、このラーメン屋さん。

いつも行列ができている超有名店らしいです。

瓢亭の朝がゆだ、三嶋亭のすきやきだと、バカにならない京都での食費。

たまにはこういう食事もいいかなということで。

京都 らーめん たかばし

2011年5月22日 (日)

巽橋と「たんと」さん 2010/11

明日アップ予定の「巽橋」デジカメ編、我慢しきれずアップです。

欄干に刻まれた由緒正しい「巽橋」の二文字。

Cimg1658_2 

デジイチで、このアングルで撮らなかったのは後悔です。今年再挑戦!

Cimg1659

何やさんか、あまり良くわからず。いきなり「あいてますか?」って入っていきました。

Cimg1662

こんなの飲んで(アルコール系)。私は下戸なのでウーロンティー。

Cimg1660_2

食べたのは、これと・・・・・

Pap_0129

「たんと」さん、ごめんなさい!また行きます!そのときは、しっかりいっぱいシャッター押しますね。

Pap_0130_2

祗園 たんと

2011年4月18日 (月)

錦小路・錦天満宮・三嶋亭

大徳寺を拝観した後、娘のリクエストで錦小路の「打田漬物」で買物をし、三嶋亭ですき焼きを食べました。途中で、なにこれ珍百景で見た鳥居を見つけて感激。

Dsc_0158

Dsc_0156

Dsc_0157

Pap_0213

2011年1月23日 (日)

昼食は泉仙で

京都御所をあとにして、タクシーで大徳寺に向かいました。

ちょうどお昼時でしたので、大徳寺塔頭、大慈院内「泉仙」に入りました。

Dsc_0094

大徳寺塔頭、大慈院の中で営まれていますが、今風に言うとテナントさんのようです。(違っていたらごめんなさい。)それでも昭和33年創業、大慈院店は昭和38年開店ですから、かなりの伝統です。

Dsc_0095

趣のある道を進んで

Dsc_0102

木立の中に「泉仙」はあります。

Dsc_0101

玄関の手前に小さな祠、これも趣を高めます。

Dsc_0099

さあ、いよいよお食事です。

Dsc_0098

鉄鉢料理「ゆり」をいただきます。

鉄鉢とは、僧が食物を受けるために用いた鉄製のまるい鉢のこと。遠くインドにはじまり、日本へは奈良時代につたわり、托鉢の僧が用いたといわれています。

「泉仙」の鉄鉢料理は、この鉄鉢を形どった器に、四季おりおりの味覚を盛りこんだもので、膳のこころと京料理の伝統を現代に生かしています。(泉仙大慈院店パンフレットより)

まずは、わらび餅とお抹茶

Dsc_0096

続々と出てきます。お昼時ということもあり、まわりの卓もお客様でいっぱいでした。

Pap_0223

残念ながら「お品書き」はないそうです。

Pap_0224

上の画像の左下、梅酒なのですが下戸の私はこの小さな一杯で「ゆでだこ」のようになってしまいました。

Pap_0221

すべていただくと食器がこのようにコンパクトにまとめられます。

Dsc_0100

さあ、食事も終わり、いよいよ大徳寺の拝観に向かいます。

泉仙 大慈院店  

 京都市北区紫野大徳寺町4大慈院内

 電話:075-491-6665

 営業時間:午前11時~午後4時(オーダーストップ)

2010年6月 1日 (火)

西源院で七草湯豆腐

龍安寺境内塔頭のひとつ、「西源院」で湯豆腐がいただけます。

090302_2

暖簾の○は、無限を表わしており、平和の願いがこめられているということです。昨年の3月にお邪魔したのですが、電話番号をメモし忘れていて、石庭拝観前に走って予約をしにいきました。

090309

やはり南の庭園に面した席の方が落ち着きます。

090303

この庭園は歴代住職が丹精こめて手入れをしている素晴らしい庭園です。

090304

静かな時間だと、この鹿威しの音が風情を盛り上げてくれるようです。残念ながら食欲に走った私にはその音は聞こえませんでした。修行が足りません。

090308

湯豆腐は「七草湯豆腐」といって、湯豆腐の具の種類としてはめずらしいものだそうです。メインの豆腐は木綿だそうですが、絹ごしではないかと勘違いするほど滑らかでした。

090307_2

せっかく来たので、精進料理付で3,300円のものをいただきました。七草湯豆腐のみですと、1,500円でいただけます。

2010年5月26日 (水)

アップルパイ(ペストリーブティック:ハイアットリージェンシー京都)

今日は、ハイアットリージェンシー京都にあるイタリアンレストラン、トラットリアセッテ併設ペストリーブティックのアップルパイのご紹介です。

Applepie2_2

これはホテルのホームページに掲載されているアップルパイの画像です。この画像を1月からほぼ毎日見ていて、必ず食べようと心に誓っていました。たかがアップルパイなのにちょっと大げさですけど。パイ生地の上にスライスされたりんごが3個分のっています。

100503_2

お昼に順正さんで湯豆腐懐石をいただいた日の夜9時に部屋に届けてもらうようにお願いしたおりました。私はひとりで東山を散策しておりましたので、家族がびっくりして携帯に連絡してきました。「早く食べたいから即帰ってこい!」と。

100501

大きさは、私がよく食べるピザカリフォルニアのピザLサイズくらいです。上の画像は、私が頼んだコーヒーと並べた画像です。下は家族が頼んだ紅茶と並べた画像です。

100502

紅茶も数銘柄ある中から選べて、とてもおいしかったようです。念願のアップルパイはあっという間に胃の中に吸い込まれてゆきました。巷で売られているアップルパイはパイ自体がもっさり、ぱさぱさしていて、アップルが生かされていないものが多いのですが、このアップルパイはパイ生地とりんごのバランスが絶妙で、いくら食べても飽きないおいしいものでした。このハイレベルなものが、1650円!もっと儲けていいですよ、ハイアットさん!って感じです。

2010年5月23日 (日)

水だき鳥料理「新三浦」 vol.2

さあ、いよいよ納涼床です。って、たいした画像が無いことに今気づきました。

10050421_3

こんな感じの床に案内されます。向こうに見える橋は御池大橋です。

10050422

テーブルは、こんな感じでセットされています。ガスの火が風で消えないように。

10050423

突き出しとポン酢が出てきました。ビールは私ではありません。私はウーロン茶、娘はツードッグスレモンなるものをオーダーしておりました。

10050424_2

鍋に入れる具材です。

10050425

鍋が運ばれてきました。

10050426_3

ふたを開けるとこんな感じです。底のほうに鳥が山ほど入っています。

10050427

係りの方が、鍋のスープを取ってくれて塩をちょっと入れてくれます。これがウマイ!

で、料理の画像は以上で終了。。。。。鶏肉ぜんぜん写ってません!もう一回いらっしゃいという神様の思し召しなのでしょう。水だきのほかにも、一品料理がいろいろありますが、それも頼んでいたら大変だったというくらいボリューム満点の鍋でした。

10050428

お店側からみた小路です。もうかなり暗くなっています。おなかいっぱいの娘がぽつんと立っています。

10050429

納涼床、全然伝えきれてませんが、とってもおいしくて、とってもいい感じで。また来ます。床の明かりが情緒をかもし出してます。大きいビルはホテルオークラ京都です。ここにもいつかお世話になってみたいと思っています。

今日は全くつまらない画像の連続で本当に申し訳ありませんでした。

2010年5月22日 (土)

水だき鳥料理「新三浦」 vol.1

家族が旅行の一ヶ月ほど前にテレビで京都のおいしい店の番組を見て、絶対に行きたいところNO.1にあげたのが「水だき鳥料理 新三浦」さんです。電話で予約を入れたところ、納涼床が始まっている時期なので、床席を用意してくれるとのこと、感激です。実はこの時期は床のみで営業していて、部屋は雨が降ったときのためにあけてあるということは後から知りました。それでも、床はちょっと敷居が高いかなと思っていたので、とにかくうれしかったです。

予約時刻は19時だったのですが、その日の拝観時間見積もりが甘く、夕方5時にはすでに京都市役所前についていました。本能寺をまわり、広場のベンチで暇をつぶしてもまだ18時。ぶらぶら歩いていって様子を聞いてみたら、もう入れますよとのこと。

10050402

地方の人間からすると、玄関までの小路が何ともいえない味わいで、京都をしっかりと感じさせていただきました。

10050403

木屋町通からの画像です。

10050405

自転車がちょっと・・・ですが、小路に入るとこんな感じです。これだけで、もう「京都~!」と感激してしまいます。突き当たりの玄関が「新三浦」さんです。

10050406

さあ、いよいよ納涼床初体験です。

予定通り、以下次号。申し訳ございません。

2010年5月11日 (火)

月村さんで釜飯をおいしくいただきました

今回の京都旅行で娘が出した唯一のリクエストは、●●寺、○○神社というものではなく、月村さんの釜飯を食べたいということでした。ほかにも龍安寺とか、西源院湯豆腐とか数件あげてきたのですが、月村さんだけは絶対にはずしたくないという力の入れ様です。

で、京阪本線「祗園四条駅」で降り、団栗橋をわたり細い小路に入ると、すでにそこには数十名の行列ができていました。むかえの「レストラン コロナ」さんも行列が出来ています。どのくらい時間がかかるのだろうと躊躇したのですが、娘の今回の唯一の願いということで、かなえてやることに決定しました。

10050201

1時間ほど並んで待ったでしょうか。その間も女将さんがいろいろ気遣ってくれて、そんなに長い感じはしませんでした。入り口の脇にはこんなきれいな牡丹が一輪。

10050202_2

注文したのは「鳥釜飯」「穴子の天麩羅」「賀茂茄子の田楽」「昔ながらのしゅうまい」です。残念ながら画像はこの一枚だけです。

10050204

この釜は特注で作ってもらったものだそうで、すでにその製作者はおられないようです。予約は受けていないようですが、並んで待っても食べたいおいしい釜飯です。

フォト

2010/11に行ったところ

  • 方広寺(2回目) 東本願寺
  • 豊国神社(2回目) 耳塚
  • 三十三間堂(5回目)
  • トラットリアセッテ  智積院
  • 詩仙堂(2回目) 穂野出(2回目)
  • 曼殊院門跡 曼殊院天満宮
  • 修学院離宮入口  禅華院
  • 瑠璃光院  赤山禅院
  • 祗園たんと  花見小路(2回目)
  • 巽橋(2回目)   辰巳大明神
  • 金戒光明寺 平安神宮(2回目)
  • 法然院   真如堂
  • 霊鑑寺   安楽寺
  • 哲学の道  大豊神社
  • 永観堂  熊野若王子神社
  • 南禅寺三門(2回目) 南禅院
  • 青蓮院門跡(2回目)   圓徳院
  • 三嶋亭(3回目) 高台寺(2回目)
  • 大仙院   錦市場(2回目)
  • 高桐院   総見院  水路閣
  • 大慈院「泉仙」  瑞峰院
  • 京都御苑(2回目)   京都御所
  • 雲龍院  清水寺(4回目)
  • 今熊野観音寺  楊貴妃観音堂
  • 法音院      戒光寺
  • 東福寺(3回目)  泉涌寺
  • 伏見稲荷大社(2回目)

2010/5に行ったところ

  • 花見小路  巽橋
  • ねねの道(2回目) 石塀小路
  • 八坂神社(3回目)
  • 二条城(4回目) 東寺(2回目)
  • 本能寺(2回目) 新三浦(水だき)
  • 茶碗坂   八坂の塔
  • 産寧坂(2回目) 二年坂(2回目)
  • 天授庵  順正(湯豆腐)
  • 金地院   東照宮
  • 天龍寺(2回目)
  • 嵯峨野竹林(2回目)
  • 滝口寺(2回目) 二尊院(2回目)
  • 常寂光寺(2回目)  
  • 鳥居本    祇王寺(2回目)
  • あだし野念仏寺(2回目)  
  • 青蓮院門跡    高台寺
  • 南禅寺     月村(釜飯)  
  • 東福寺(2回目)  醍醐寺

2009/3に行ったところ

  • 寺町通
  • 先斗町
  • ねねの道
  • 三十三間堂(4回目)
  • 西源院
  • 円山公園
  • 八坂神社(2回目)
  • 三嶋亭(2回目)
  • 錦市場
  • 東福寺
  • 産寧坂
  • 二年坂
  • 清水寺(3回目)
  • 知恩院
  • 東山花灯路
  • 嵐山駅周辺(2回目)
  • 金閣寺(4回目)
  • 龍安寺(4回目)

20世紀に行ったところ

  • 三嶋亭     穂野出(雲母漬)
  • 大谷祖廟    広隆寺
  • 滝口寺     法輪寺(嵐山)
  • 渡月橋     京都御苑
  • 方広寺     地主神社
  • 勝林院     宝泉院
  • 二尊院     野宮神社
  • あだしの念仏寺
  • 祇王寺     常寂光寺
  • 天龍寺     八坂神社
  • 三十三間堂(3回)
  • 豊国神社    平等院
  • 清水寺(2回)  龍安寺(3回)
  • 詩仙堂     平安神宮
  • 寂光院(火災前)(3回)
  • 三千院(3回) 金閣寺(3回)
  • 西本願寺    本能寺
  • 二条城(3回) 東寺
  • 延暦寺東塔(京都じゃないけど)